『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終幕・感想。
最終幕の感想です。
もう、初めから最後まで、文句の付けようのない見事な展開でした。
今まで観てきた数ある特撮ヒーロー物の中でもトップクラスの出来だと、自信を持って言える作品となったと思います。
ホントに、殿こと省いても本当に3本の指に入るお気に入り作品であること間違いありません。
魅力的なキャスト、秀逸なシナリオ、伏線の張り方とその見事な回収の仕方、全体的なストーリー構成。
どれを外しても、こんなに面白い作品にはならなかった。
そして、こんなに特撮で泣けた作品も他にありません。
久々に毎週の放映を本当に楽しみに視聴していた作品でした。
これ以上大好きになる特撮モノは、もう出ないかもしれない、それくらい面白かった。

あー、ホントに終わっちゃったんだなぁ…。(;_;)
がっくり…。
ひとつ毎週の楽しみがなくなってしまった…。_| ̄|○

今回は最終回、生身の殺陣がとても多かったなぁ。
そういえば、今年は恒例になっている『最終回に変身スーツに本人が入る』はやったんでしょうか?
桃李くんたちのブログにはそれっぽいコトは書かれてなかったけども。
そして結局、夢のダブルレッドはならず。
形がキマらんし判らんでもないが、ちと残念。

ともあれ、またまた長ーくなります最後の感想、いきます。
あかん、どーしてもこれ以上短くならんかった。_| ̄|○
◆Read More◆

48幕、感想。
ここんとこ、まったくSSの更新がございませんで申し訳ない。
考えてるネタはあるんだけど、今は本サイトの方の都合でこっちに割く時間があんまりないの。
…って、その割りに番組の感想はやったらめったら長いけども。(苦笑)
本サイトの方が一段落ついたら書きますので、SSのみ目的の方はもちっとお待ちくださいませ。
最終回になったからって、ソッコーで撤退はしませぬゆえ。

さて、48幕です。
今回も見せ場満載。
でも、前回までのように涙、涙の展開ではなく、元の戦隊モノのノリに戻った気がします。
それはやはり、ようやく丈瑠が元の位置に収まり、落ち着けたからでしょうかね。
双方の手の内が尽きた今、後は正に肉弾戦、力づくの戦いのみ。
さてさて、面白くなってきた。

ラス前の感想、行きます。
◆Read More◆

47幕、感想。
1週間丸々更新できませんで申し訳なひ。(汗)
先週の感想をようやく書かせていただきます。
番組自体は火曜日に見てたのだけど、またも色々所用が重なったり家にいてもPCを扱えない状況で。
くっそー、こんなコトならとっとと火曜のうちに書いてれば…! って、ソレができなかったからこーなってんですが。(苦笑)

47幕のサブタイトルは、「絆」。
各所随所に、それぞれの「絆」が表されていたように感じます。
丈瑠には家臣の侍達。
流ノ介には朔太郎。
丈瑠と十臓の間にも、ある種の絆のようなものがあったような気がします。
それは、十臓と『裏正』になった妻との間にも。
それから太夫と茉子の間の拘りも、ある種の絆があるように思える。
そして、太夫とドウコクの間は、絆というには少々表現が綺麗すぎるだろうか。

まだ昨日のは観てないので、そっちのネタバレはパスの方向で。
ではとりあえず先週47幕。
今回も、涙、涙。
◆Read More◆

46幕、感想。
シンケン本編は、もうすべての撮影が終わったようです。
それぞれのキャストの方々のブログで全員が、終わったことを残念に思い、いい仲間に出会えたコトを喜び、1年が早くて楽しかったと語っておられました。
…こんな記事を読むと、もう本当に終わりが近いんだなぁと悲しくなります。
これまでもいくつか終わるのが惜しい、もう少し続けてくれんものかと思った特撮作品がありましたが、今回はそれがひとしお。
終わるのがイヤだとまで思ったのは、もしかして初めてかも。
ああ、本当にあと3話で終わっちゃうんだなぁ…。

さて、今回の感想です。
今回も、泣けるお話でしたねー。
もうみんながやりきれない感情を持っていて、それが現状ではどうしようもない、変えられない?
みんな丈瑠の元に行きたいのに行けない、でも薫姫も決して嫌な憎める主君ではない。
その辺が絶妙。
そして丈瑠と爺の絆と思い。泣ける。

詳細は、下へ。ごめん、また長い。
◆Read More◆

45幕、感想。
早々に45幕を観ました。
『影武者』、重いですね。
皆様、OPのキャストのクレジットに気付きましたか?
トップの志葉丈瑠の名前には、「シンケンレッド」はもうついていませんでした。
薫姫のところに「シンケンレッド」。
それから源太の名前にも「シンケンゴールド」がない。
それは結局、「本当の志葉家」に認められていないからなんだろうか。意味深。
そして、志葉先代として松風さんのお名前が。
うわ、すげ! ご自身でちゃんと立ち回りやっていらっしゃる!
そういえば松風さんは「メガレンジャー」でメガブルーやってましたね。久々の戦隊出演、ご本人もちょっと懐かしかったコトでしょう。
でも最近声優さんのお仕事ばっかだったから、ご出演にちとびっくり。
いろいろと判り、でもまたいくつかの疑問が出てきた早瀬です。
とりあえず、感想は下に。
ごめん、またまた長いっす。
◆Read More◆
Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。