『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38話の感想。
すみません、1週間放置の早瀬です。
子供の学校行事があったり、体調が悪かったり、客が来たり結婚記念日だったりと、いろいろ重なってシンケンネタが書けませんでした。
先週の彦馬さんのお話の感想もまだ書いてませんのに、今週の放映がー。
てなわけで、とりあえず今日の所は先週の感想をば。
とりあえずオープンでツッコミ。
志葉家は、『志葉町』にあるらしい!
オープニング前の郵便物を仕分けしてる彦馬さんの手元のお手紙の住所に『志葉町』って書いてあった!
やっぱ地元の名士なのね! 志葉家は土地持ちなのか? 彼らは借地収入で生活してるのか!?(大笑)
まるでトヨタ自動車のお膝元・愛知県豊田市みたいに、近所はあらかた志葉家の土地だとか?
さすがは今時『殿』がいる土地だけあるね♪

あほなコト言ってないで、感想は下へ。
ようやく彦馬さんのプライベートが判りました。
まさか未婚?と思っていたのですが、早くに奥さんを亡くされていたのですね。
娘さんと離れて殿をお育て申し上げる彦馬さんの忠義心、泣けますなぁ。
なんつっても頑固ジジイ(笑)、丈瑠を気遣う必要があったりナニか引っかかると、たとえ奥様の墓参りでもスルーしてしまうほどの忠義心にはつくづく頭が下がります。
その彦馬さんを気遣う殿様、成長したのねv
ここ何回かの家臣たちの家族関係の出来事から、今まで当然と思っていたことを、そうじゃないんだと思いなおせたコトは、丈瑠にとってとても大切なことだと思います。
そしてそれを、素直に喜んでくれる家臣一同がまた良しv
「殿様、ほんまに優しいんですね。」「親孝行ってヤツですか?」「なんつーか、いいんじゃないの?」「正直協力してくれって言っただけで驚きだったけど。」
丈瑠がただの偉そうな『殿様』ってだけではないのが嬉しい家臣たちに照れまくって、「もういい!」とか言っちゃう辺り、丈瑠のカワイイところですv
しかし、今回観ていて、実は丈瑠はあまりこういった謀には向かないんじゃないかという気がしてきた。
スキマセンサーを偽物に変えてるとこでも、彦馬さんにツッコまれて「へっ!?」とか声ひっくり返してた(大笑)し、1戦目の出動時や帰ってきた後の誤魔化し方のヘタさ加減。
…あー、やっぱ坊ちゃんだから、そーいうコトに策を弄するような機会が今までなかったんやね。(笑)
それからことはちゃん、そんな元気よく「便秘です!」って、おいおい。(大笑)
どーやっても誤魔化せたとは思えんが、ソレで無理矢理行っちゃう辺りの可笑しさがまたナイス。
そして、なんや、あの黒子さんたちのお仕事は。(大笑)
黒子さんたちの手配って…。(^-^) 右往左往してる黒子さんたちが楽しいっすね。
鉄砲隊に苦戦する侍達の前に、颯爽と現れる爺! カッコイイ!
何人かのナナシを倒した挙句モウギュウバズーカを渡すところなんか、やっぱ格さんの立ち回り、カッコイイの一言に尽きますよ。
そして丈瑠たちの稚拙な企みを、知っていながら聞いたふりしてやっぱり彼らの為に動いている彦馬さんの侍としての厳しさと優しさがさすがです。
しかしいつも思う。 ロボットで戦ってる時、下で戦いを見てる爺なんかの声、どーやって聞こえてるんだろう。
「殿! 大変化です!」…とても聞こえないんじゃないかというツッコミはナシの方向で?(笑)
ラスト。
彦馬さんの娘夫婦と孫が、おそらく丈瑠に呼ばれたんですね。
いつの間に呼んだのなんてツッコミはともかく、可愛く手を振る孫と娘の姿に少し表情を緩め、歪める彦馬さんの表情が絶品です。
そこまで来ていて声すら掛けないの…? という物悲しさが彦馬さんの立場の苦しさと戦いの厳しさを表しているようで、少し切ない終わり方がまた秀逸。
本当に伊吹さん、名優です。
そして、全体的なストーリーの素晴らしさとして、全作中でも屈指の良さだったと思います。

Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/11/25/Wed 14:57[EDIT]
Re: 感想の感想ぉ
こんにちは、ノリ吉様v
お久しぶりです。(笑)
あらら、ノリ吉様宅もいろいろ大変だったんですね…って、きゃー! 入院なんて、本当に一大事ですね!
もうお嬢様はすっかり元気になられたのでしょうか。
お大事になさってくださいませ。

38話、ええ、本当に殿こと関係なくとも素晴らしい回だったと早瀬も思います。

>流&源さんが耳に手をあてて「「ああああああ…」」
あっはっは! うちの子供たちもやってました!(笑)
聞こえなーい、てか。 ちゃんと有効利用 (笑) してらっしゃるんですねー。
今度私もネタあったらやってみよーかなー。

彦馬さんの登場シーン、そーですねー、なんか時代劇っぽいBGMでしたよね。
バイクなのに。(笑)
でもその辺やっぱり格さんですし(笑)、全然モンダイなく似合ってたような気がします。
ホント爺、カッコイイっすねーvv と、平然と言ってる早瀬は時代劇が大好きです♪

まだ39話を観てないのですが、とっとと観て感想を早く上げたいと思います。
待ってると言われますと、とても嬉しいですvv
ではでは。
早瀬美夜 | URL | 2009/11/26/Thu 17:11[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。