『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23幕 感想
はい、2日は23幕でしたね。
夢のような殿×ことはの世界だった(大笑)22幕と違って、割と落ち着いた雰囲気でした。
そうか、志葉家くらい長く続いているお家ならば、菩提寺と言っていいお寺くらいあるよね。
そしてそのご住職が「水戸黄門」の「うっかり八兵衛」でお馴染み、高橋元太郎さんが登場!
なんだよ~、じいは一緒じゃないのか~。
久々のおっさんの2ショットがなくてちと残念。(?)
でも、じいが腰痛で病院に行かず、行っても薬も飲まないという侍達の言葉に、「では1度私が説教してみましょう。」
思わず大笑い。
そーか格さん、八兵衛の言うコトは聴くのか。(違)
そして、出た! 印籠!
これで彦馬さん、一緒に戦現場に行って「控えい!控えい!」をやるのね!(違)

さて、後の詳細は、下に。(ネタバレ注意です。)
それにしても、殿様がさすがに和尚には言葉遣いが丁寧なのはよかったな。
ちゃんと敬意を持ってるのは良いことですよ、うん。
そして代々のレッドの墓…悪い、家紋に笑っちまった!
なに、コレって「シンケンジャー」のマークで志葉家の家紋ってわけじゃないよね?
いやまあなんつーか…ファンキーな家紋だ。(大笑)
で、後で出てきた無縁仏のお墓って、腑破さんちの、たぶん親御さんとかのお墓よね、きっと。
お寺の名前聞いて動いたあたり、腑破さんもきっとそれを知っていて。
だから動いてくれたんだろうね。
…ところで、源太とのやりとりがとても楽しかったです♪
「本気で面白いヤツだな、おまえ」とか、お寿司を1個食べて席を立って行こうとして、思わず引き返してもう1個咥えていく辺り。…美味かったのね。(^-^)
源太の正体がバレちゃったのでこれからは同じようなやりとりができるかどうかは判らないけど、でもああいうのはいいな。
あの源太の人懐っこさは天性の才能だね。(^-^)
さて、今回の殿ことのツッコミどころ。
殿の服毒後、外道衆が出たとの報告に、「行け!」と殿に一喝され、走り出す侍達の中、一番最後まで残ることはちゃん、くらい?
それにしても戦闘中、吹っ飛ばされて地面に転がった女の子2人の元に駆けつけた男2人。
千明、力いっぱい、「大丈夫か、ことは!」
茉子ちゃんはいいのか!? (爆笑)
絶対あとでツッコまれると思う。(^-^)

ところで、だ。
最後の数分、敵の足元に平伏す流ノ介が最後の力でなんか書こうとした瞬間、…げっ! 録画がバグった!?
なんだよ! いきなり画面が飛んで、エンディングが流れてる!?
ぎゃーっ!!!
一体どーなったんだー! 殿様は、他の侍達はどうなったんだ!?
うわーん!!

…拙宅のDVDレコーダーは、ある程度以上残り録画可能時間が減ると、他の番組と混ざったりいきなり飛ぶというバグが発生する…。(涙)
くっそー! 結構時間は気にしてたんだけどなー!
夏休みでなかなか思ったように録画番組が消化でききってないせいで、案外たまってる…。
や、ヤバイ…。

Comment

 秘密にする

Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。