『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36話 感想。
第36幕『加哩侍』、ようやく観られました♪
いやー、久々にことはちゃんがいっぱい出演してくれて嬉しいよ、うん。
戦隊モノといえば、よくカレーというものが登場します。
古くはゴレンジャーから、最近だとアバレンジャーの基地 (笑)・喫茶店「恐竜や」のメニューにもありました。
やっぱお子様番組として、子供の好きなメニューの1つであるカレーを出すことで親しみを持たせようとしてるんでしょうかね?
しかし今回は源太の「寿司屋」というポジションからして出てこないと思ってたのに、よもやこんな形で!(笑)
そしてやっぱりカレーは黄色の子が担当か。(大笑)
でもさ、よくよくちゃんと見てみれば、この話ってメインは源太だよね?
ことはちゃんがキーではあるけど、源太が中心よね?
スーパー化はしたけど、ちょっとその辺が残念。
今度こそ、ちゃんとことはメインのお話を
作ってもらいたいものです。
…そーいえば、源太ってスーパー化、あるのかな?

では、今回の感想をば。
今回ツッコミどころ満載。
寿司屋に来てカレー頼むなよ、ことはちゃん! (大笑)
いっくらなんでもええ言われたからってさ。
そして源太、他の注文ほったらかしてカレー作るか、おまえは!
いくらことはのためとはいえ、よく夕方まで黙って待ってたな、侍たちよ。
どんだけことはちゃん可愛がってるの。(笑)
おまけに、カレー作る寸胴鍋はあるのにお皿が寿司桶ってな、どーいうこったい!
たまたまソレを観たうちの旦那が、「うわ…」て絶句してたぞ。(^-^)
そして茉子ちゃん、「悔しいけど負けたわ」って、あんた自分の腕をまだ過大評価してたのか?(大笑)
ソギザライは通称ガンちゃん、岩田光央氏。 ホント今年のゲスト敵役の声優さんはイイとこ連れて来るなぁ。
カレーのおかげでお客がいっぱいのゴールド寿司の屋台。呼び出し喰らって「ダイゴヨウ、後は任せた!」「がってんでぃ♪」…って、ナニをどーするんだ、ダイゴヨウ! おまえ手がないのにどうやって給仕するんだー!
どうしてたのか、実に気になる。(笑)
千明のシンケン丸、破壊される! どうやって直すんだろう、つか、次登場した時もう直ってたよね。
黒子さんの手早いお仕事? それともショドウフォンに送り込まれたモジカラの力の具現化力だけなんだろうか。 謎。
うわ、彦馬さん、ショドウフォンでテレビ観てるよ!
早瀬、写メ機能だけでも驚いてたのに、なんとワンセグ付き! 最先端だな! (笑)
志葉家はテレビがないとばっかり思ってた。 …って、じゃ、千明はゲーム、ナニで遊んでるんだろう、DSか、PSPか?
TV中継でリポーターの質問にも上がりまくりの源ちゃんに、みんなの反応のカオのマズさが笑える。特に流ノ介。
この後の、源太とことはの思いの方向、考え方の描き方がなかなか秀逸。
源太は寿司に拘り、悩みながらもどんな形だろうと「店を出す」ということに納得しようとする妥協。
ことはは、源太の寿司を気に入っているひとりとして、寿司屋という拘りを持ち続けて欲しい。
「ほんまにこれでええの?」「うち、こんな源さんイヤや」「源さんの夢はカレー屋と違う、お寿司屋さんやろ?」
それは、既に『侍になる』という夢を叶えたことはだからこそ、真実味、重みのある言葉ではないでしょうか。
あいつが自分で決めること、と傍観を決め込むほかの連中をおいて、1人だけ一生懸命になっていることはちゃんが、とても好感が持てます。
そしてその心に打たれ、思い直す源太も、なかなからしくて良かったです。
さて、戦闘。
うひゃあ、転んだついでとはいえ、三つ指付いてお願いポーズ!
それに殿様、ひょっいっと印籠を放る。なんかえらく簡単に貸してくれたぞ?
とうとうスーパーシンケンイエロー登場!
うっひゃあ、なんやそのかわええポーズは! 羽織の裾、スカートちゃうで!(笑)
きっと見えない画面の向こうで殿様が悶絶してるに違いない。(大笑)
待て待て! ことはちゃん、その強引な戦い方はなんやねん!
「同じ速度で回転することにより、相手の動きが止まって見える」という解釈らしいが、ホントはコレ、嘘っしょ。
逆方向に回ればともかく、同じ方向で回れば当然すれ違う速さは2倍になるハズ。
1番有効なのは、回転している上空から中心に向かっての攻撃。特撮モノではお約束だが、違う方法を採りたかったんだろうね。(笑)
戦い終わって再びゴールド寿司。…あれ、いつもと席順がちがうぞ?
殿様の隣がことはなら、とりあえずどっちでもいいけどさ。
元の閑古鳥が鳴いてる屋台ですが、ことはの「美味しいv」という笑顔があれば、源太も今度は迷わないでしょう♪
ああっ、ダイゴヨウ、こんどは「カレーやめました」の張り紙されてるよ!(笑)
ちょこちょこ殿様のお隣シーンもあって、久々に殿こと派にはオイシイ回だったと思いますv

Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/11/05/Thu 15:33[EDIT]
Re: 感想の感想
ノリ吉様、毎度ありがとうございます♪
やっぱ、あのショドウフォンのワンセグは驚くところですよね!
早瀬としては、彦馬さんがそのような文明の利器(笑)を使いこなしているコトにもオドロキ。
爺、何気にスゴイよね~。案外画面に映らないところでパソコンなんかも使ってそうな気が。(^-^)

悩殺ポーズ!!(爆笑)
もー、堪りませんなぁ!!
ノリ吉さんから情報をいただいていたのでものすごく期待してたんですが、予想以上!
殿も悩殺できそうな勢いですが、…その外道攻撃、サイコー! (大笑)
思わずPCの前でげらげら笑ってしまいましたよ。素敵。(^-^)
なんか外道衆から勧誘来ませんか、もしかして? (笑)

屋台の座り位置は、たぶん体格の差を考えてのことだとは思いますが、横からのショットだと、どうも殿様の大きな身体でことはちゃんが隠れちゃうんですよね。
今回はメインの1人というコトで、あえて流ノ介と位置を変えてよく映してもらえたのではないかな~、と思います。
でも、どっち座ったって殿のお隣はことはちゃん!

ことはは最年少でふんわりさんで、でも1番芯はしっかりしている子だと私も思います。
ことはのお話は、彼女がまっすぐ相手を見て、心で感じてその思いを口にする、そんなお話が多いと思います。
理屈じゃなく一生懸命、そのひたむきさや健気さ、そしてそれゆえ感じる強さ。
本当に素敵な子ですvv
そんな娘さんと殿を娶わせたいと、早瀬はモノスゴク思っております♪
やっぱお似合いですよね、殿とことはちゃん!!

ええ、もう1度後半に、ことはピン、若しくは殿とことはのお話を所望です!!
早瀬美夜 | URL | 2009/11/05/Thu 17:28[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/11/06/Fri 01:06[EDIT]
Re突っ込みどころ満載v
こんにちは、同志こっこ様! (笑)
うーんと、私は…小学校には行ってなかったよな?というくらいしか、よく覚えが…。(笑)
大丈夫、似たような者はいっぱいいます!(←その1人)

三つ指も裾持ち上げも、変身してるのについことはちゃんで想像して萌え死にそうです。(笑)
せ、セーラームーン…。(笑)
あー、ナルホドそんな雰囲気ありますよね。
羽織がびゅーんと飛んでってっていうのを初めから光をまとって裾が伸びたりしてくれると、スーパーセーラームーンみたいです。(大笑)
でも、セーラー服と羽織じゃあまりにも…。ま、可愛いからいいけど。(いいのか)
ことはピンメインの回、12月ですか。
撮影目撃って…、お屋敷撮影を見に行った方がいるんですか!
いいなぁ、そーいう時関東のヒトって! と思います。
むー、どんな内容だったんだろう。気になります。
そしてとても楽しみですねvv

最強叔母様伝説(笑)、…こっこさん、書かれるんですか!
もしかして、早瀬が存じ上げないだけでサイトとかお持ちなんでしょうか。
おおお、すっごく楽しみにしてます!
書きあがりましたらぜひ拝読させてくださいませ。
本気で楽しみにお待ちしてますvvv
早瀬美夜 | URL | 2009/11/07/Sat 18:04[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。