『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に。
ようやく番組視聴が追いついた~、と思いきや、まだ昨日の分のみ観ておりません。
せっかく黄色の子のメイン話なのに~。
SSの方も、現在ストック0の状態なので、上げられるSSがなくて申し訳なひ。(TOT)
「操学園」で小ネタを思いついているので、それをとっとと書いてしまえばと思っているのですが。
ええ、頭の中ではいくつかネタができてるんですが、アウトプットのヒマがなかなか取れない。
どーしても主婦は、土日祝祭日はダメっす。
あ゛ー、明日も祝日じゃーん! …いつ書けるのやら。_| ̄|○

ここ数回の視聴感想書いてないのですが、ちょっとだけここで言おうかね。
茉子ちゃんネタ、全体的にいい雰囲気でした。
漸く出てきた茉子ちゃんの過去。
茉子ちゃんの「ぎゅっ!」は母親に抱き締められなかったことへの裏返し。
料理が下手だったのは、お嬢様だったコトと母親不在で料理を一切したこと、作っているのを見たコトが無かったからでしょうか。
お祖母様、厳しそうだし。
そして「普通のお嫁さん」の夢は、自分の普通でない家庭状況から来る純粋な「普通の家庭」に対する憧れなんですね、きっと。(…その辺は、ことはちゃんにも言えると思うのだけど。)
でも、もっとも茉子ちゃんが母親から受け継いだのは、結局侍としての誇りと魂なのでしょう。
お母さんが伊藤かずえさんなのがナイスな配役だと思ったのは私だけじゃないよね!
あの方が先代ピンクって、なんかすごく納得できるし、これ以降に回想とかあったとしてもホントに戦えるし。(笑)
しかし、あのお父さんはインパクト強っ! 脇の名優さんですが、あーいう役回りの役もできるのかと少し感心。
千明父といい、「お父さん」はなんか個性的ね。流父も見てみたい♪
もちろん一番はことはちゃんですが、茉子ちゃんもやっぱ好きですv
今回のスーパー化は、流れとして見せ方として、納得行くものでしたし。

そして流ノ介の回。
捨てたはずなのにやはり気になる歌舞伎の世界。
流ノ介の背中にも、茉子と同じように重いものがあるんですよね。
流ノ介には『裏切った』つもりなど毛頭無くても相手がそう取っているのなら『そう』なるのでしょう。
顔を見せずに演技のみを相方に見せるシーンは、台詞がなくとも素晴らしいシーンだったと思います。
早く戦いが終わって、流ノ介を歌舞伎の世界に戻してやれたら、と思えますね。
でも、だ!
なんかあの、スーパーハイテンション(笑)な流ノ介はまだしも、怒涛の寄り切りに負けての折神全部合体!はちょっといただけないなぁ。
せっかく流ノ介のいい雰囲気の話だったのに、なし崩しに大騒ぎして終わり!みたいに忙しないのってどうなの。
スポンサーの意向もあるんだろうけど、もう少しやりようってものが。

さて、漸くスーパーイエローになるらしい昨日のお話。
なんや、カレーって! 黄色と金色って、なんや収拾付かんコトになりそーな気が。(笑)
なんとか明日にでも見たいと思っております。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。