『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29幕の感想。
現在本館の方の企画のSSを必死こいて書いてるんで、少々上げるのが遅くなりました~。
いやー、ダイゴヨウ、もーキャラの立ちっぷりがハンパじゃないですね。(笑)
源太を親分とか呼んでる辺り、一体どーいう言語中枢の教育設定したんだよ、おい源ちゃん。(^-^)
『銭形平次』かい!とかツッコミ入れたくなる岡っ引きの親分と子分のような会話が、時代劇好きな早瀬のツボをなかなかくすぐってくれて、いや、楽しいったら♪
さて、細かいツッコミ、いや、感想は下へ。
今回は昼間の屋台からスタート。お昼ごはん?
しかし源太、自分が作ったんだろ、対等なレベルで口喧嘩すんなよ。
そしてその挙句に空飛んで出奔。おおスゴイ、飛ぶんだ、と思った瞬間、殿の「飛べるのか…」という妙に冷静なツッコミ。 思わず笑う。
殿、2人の喧嘩よりそっちに興味が向くのか。(笑)
ドウコクさん、「まずい!だがもう一杯よこせ!」…って、青汁かい! とツッコミを入れておく。
さて、就職活動するダイゴヨウ。
…つか、就職しようと思うんだ、キミ。(笑)
履歴書!! スゴイ! (爆笑) ちゃんとそんなモンの存在を知ってるんだ! どーやって用意したんだ?
そして手がないのにどーやって字を書いたんだろう。
「御社の社風に~」って、そんな常套句までその電子頭脳に入ってるのか? 源ちゃん一体ナニ教えてんだ!(大笑)
『誕生日 平成21年9月6日・満0歳 性別 男』に異様にウケる早瀬。
ちなみに早瀬の兄貴と同じ誕生日。(そんなコトはどーでもイイ。)
どーでもいいが、1軒目の会社ってナニ屋さんだったのだろうか。(大笑)
続いて自動車整備工場。手先が器用って、だからそもそも手ぇないやん!
更に警察官。 いやまあ御用提灯は確かに昔のおまわりさんが持ってたもんだが、24時間張り込みOKって、そもそも灯りがついてなくともキミ充分目立つって!
なんじゃ、この連チャンギャグの応酬は! 楽しいぞ!(^-^)
思ったように仕事にありつけず落ち込んでいるダイゴヨウを慰める茉子ちゃん、ほっとけないセンサー発動。
彼女の「ほっとけない」は人間だけに反応するわけじゃないのね。
ドクロボウの、いちいち自分のカッコ良さをひけらかす台詞に笑う。
そのいちいちに息子が「ドコがじゃ!」と言い返している辺りに更に失笑。
でもデザイン自体は適度に気色悪くてキライじゃないぞ、私は。(^-^)
そして敵の分身攻撃ネタ判明に、早々に決着の付き方を察する早瀬。 ダテに延々戦隊モノ観てるワケじゃねえぜ。(苦笑)
志葉家でのドクロボウ対策会議。 殿、1人10人斬れば、っていくらなんでも大雑把。(笑)
この後での源太と茉子の会話がなかなか面白い。
源太とダイゴヨウの仲を心配する茉子にほっといてくれとまだ意地を張る源太に、無理、ときっぱり言い切る茉子。
茉子は、先回で自分の料理が下手と漸く認識し、だから源太が寿司の握り方に文句をつけられて怒ったコトにが理解出来る、と。
「ダメなものはダメってはっきり言われると、結構ヘコむもんね」
「いや、俺は別にダメじゃなくて、普通?」
ま、言いたいことは判るが、そら、あの茉子ちゃんの料理と一緒にされたかないわな、料理人。(笑)
ダイゴヨウ、祝・焼き鳥屋就職。オヤジ、よくこんなアヤしげなモンを雇ったな。(笑)
茉子の「ぎゅっv」が久々に登場。…撮影ん時は声なくてオモチャ相手にやってんだもんな。茉子ちゃんの切なげな表情が素晴らしい。
そしてそんな2人(?)の様子を心配げに見つめる侍達。
今回は、時代劇・人情モノの「粋」が良いですな。殿、オイシイです♪
しかし、寿司屋に焼き鳥買って来いって。(笑)
そしてその後の源太とダイゴヨウの台詞の応酬は、正に時代劇の人情モノ。楽しすぎる。
さて、その後の戦闘。
ライトワークがカッコ良すぎる!
逆行の演出がシブイですね♪ 『必殺シリーズ』の仕事前シーン思い出しちゃった。
ドクロボウの「永きに亘る因縁の決着、今日こそ付けさせてもらうぞ!」という台詞に早瀬は、コイツも昔、歴代シンケンジャーと戦った経験が?と思ったのに。
千明が「何言ってんだ。今日会ったばっかじゃねぇか」次いで茉子「あいつは何か、それっぽいこと言いたいだけでしょう」。…なんだ、そーなのか?(笑)
ダイゴヨウがその輝きで偽者たちを総て消し去るシーンは、予想通りとはいえなかなか良い良い。
そして源太、十手で剣を折る! 正しい十手の取り扱いは早瀬の時代劇好き心をそそる♪
スーパーシンケンピンク登場…なのだが、別にここでならなくてもいいような気が。
だって今まで、殿様が使えない状況だったから替わりに変身してスーパーになったのにさ。ナゼに?
でも、変身と闘いシーンは綺麗やね。
引きは、結局始まりと同じように源太とダイゴヨウの喧嘩。
でも今度は『喧嘩するほど仲が良い』? で、笑っての終わり。茉子ちゃんも笑ってます。
めでたしめでたし。

次回は、ことはちゃんの女子高生コスプレ! …流ノ介はナニやってんだ?
21日現在、まだ観てないのよ~。
ではでは。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。