『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27幕の感想。
27幕の感想ですが、その前に。
本館ブログにも書いたけど、ディケイドのラスト、えげつない…。
なんだよ、ホントの最終回は映画って。そりゃあねぇよ、と今頃製作側に文句殺到じゃねえ?
夏映画の内容が最終回でいいよ、あたし。脳内で繋げて補完ッつーコトで。
日本中にどれだけライダーファンのお子様がいるか知らんけど、その子達のアタマの中は、今「?」でいっぱいでは。
この状況で来週「ダブル」の1話を観て、「あれ? ディケイドの最終回は?」とか訊きそうなのは気のせいか?
テレビ番組は、ちゃんとテレビ放映で終わろうよ、ね。

さて、シンケンジャー。
今回は年少組のお話でしたね。
千明とことはだって結構ちゃんと成長してるんだよ、というお話だった気がします。
そしてその代わりと言ってはなんだが、それ以外の4人、まったくイイとこナシ。(大笑)
つか、流ノ介はお笑い担当だけど、源太は基本ツイてないねー。

殿猫ー!!(大笑)
なにはともあれ、コレに尽きます。(^-^)
なにやらミョーに可愛い表情だった殿が愛しかったですねーvv
桃李くんのブログに、「一応猫っぽい表情してたつもり」とか書いてありましたが、そうか、アレが猫っぽい表情か、と更に笑ってみる♪
ではでは、感想行ってみましょっかね。
またまた長いよー。
今回は敵側からスタート。
おや、ドウコクも知らないアヤカシの大物(?)がいるんですね。
今回のアヤカシの声を聴いて、思わず吹く。ひ、檜山氏…。(笑)
しかし、アベコンベって…確かドラえもんにそーいう名前の道具、あったよな?(笑)

シンケン組はおつかい千明とことはから始まります。
未だ傷の癒え切らぬ殿様を心配しながらも、特盛り寿司を作ってくれる源太。 今日のお昼ごはん?
ところで、前の26幕から何日くらい経っているのだろう。
殿、傷の治り早っ! いや、案外肩の傷以外は案外包帯が大袈裟だっただけなのか?(^-^)
さて、戦闘。
出てきたはいいが、やはり本調子でない殿様、隙をつかれてアベコンベの触手がぐさっ! もう片方がその辺にあった招き猫に…って、なんでそんなトコにそんなモンあるん?(笑)
ついでに言えば、茉子ちゃんの扇風機や流ノ介…小便小僧って、なんでやねん!(爆笑)
フリマの会場かなんかだったんでしょうか?
招き猫を壊して丈瑠を倒そうとする敵に、ワケも判らずでもたぶん野生の勘(笑)で、寸での所で止める千明。
「勘のいいヤツ!」と敵にまでホメられてます。…嬉しい?
扇風機=茉子、無表情で左右に首振る。コレはコレでなんか笑える。
流ノ介=小便小僧…、おい、待て! なぜズボンを下ろす!? え゛! モノを出したのか!? (爆笑)
ことはちゃん見ちゃったの!? きゃ~! おとーさんのしか見たコトなかったのに~! とか。(^-^)
志葉邸に戻ってきてからも、ユカイな光景に。
たぶん黒子さんたちが、困惑しながらコレと推察されるモノを運んで帰ってきたんでしょうねぇ。
まぁ、察しやすいものばかりでしたし。
しかし、源太はどーやってあのマグロ寿司と判別したんだろう。(笑)
さて、注目の招き殿。
普段の真面目なカオと違って実に可愛らしいv
そして彦馬さんに「お労しい~」と抱きつかれて「おい!こらジイ!やめろ!」とか嫌がってる辺りが笑える。
扇風機の茉子ちゃんはともかく、寿司源太は腐るのを心配されるし、流ノ介小便小僧は、なんとなく気分なんだろうね、人形の股間をちゃんと隠してもらってる辺りが可笑し過ぎる。
流ノ介の体がトイレ行きなのは、ポーズがポーズだから? やっぱモノを出してる(!)から? (大笑)
ええ、茉子ちゃんの「扇風機でよかった」はよく判ります。女の子にあのカッコはさすがに…恥ずかしすぎる。(ある意味マニアック。^^)
そして、2人で戦わねばならないと表情を強張らせることはに、千明はとても彼らしいやり方で彼女を励まします。 いいヤツだね、千明。でも、だからって殿を生贄に!(大笑)
アタマに手ぇポン! ひげ! 「行っくにゃ~!」 ことはでなくとも笑えます♪
笑うことはちゃんが可愛いけど、こっそり「千明~っ!!」と怒ってる殿も笑える。(^-^)
そしてCM明け、庭での千明とことはのシーンはなかなかよかったですね。
年齢も実力も仲間の中で下の2人で戦わねばならないと自覚しながら、それでも肩の力の抜けている千明と逆に力の入っていることは。
年上の男として、年下の女の子を気遣う千明とそれを素直に受けて微笑むことはは、やっぱり仲のいい兄妹か部活の先輩後輩か、というカンジよね。
アヤカシ再び出現! 千明にインロウマルを貸し与える時の彦馬さんが「控えい!」の格好になってるのは気のせい?(笑)
さて、千明曰くの「ちょっと無茶な」戦い。
よく聴きもしない前から「大丈夫、きっと成功するわ!」と断言することはちゃん、決して妄信ではなく千明を信頼してるんだね。
これって以前千明パパが出た時に茉子が千明のコトを「大丈夫」って言ったのと同じ信頼の仕方よね。
ところで「ちょっと無茶な」戦いですが、そもそも敵と味方の中味が入れ替わるって割とある話だけど、ヒーロー側が自分から入れ替わらせに行くのって見たことないよ。
で、千明とアベコンベが入れ替わった状態を盾に、元に戻す方法を聞き出そうとする千明。
このままじゃ結局お互いの条件が同じなのであまり脅しにならないんじゃ、と思いきや、更にもうひと声! さ、サッカーボール!(笑)
蹴りを入れることはちゃん。 いっそそのまま1試合くらいそのボールでやってみては?(鬼)
「遊ぶんじゃねぇよ、坊主共!」と怒鳴る敵に「遊びじゃねえ!」と啖呵を切る千明とことははカッコイイv
駆け引きが成功して無事元に戻ったみんな。 …源太、猫にひと口なりとも噛み付かれる前に戻ってよかったね。 喰われる寿司の気持ちが判ったらしい。(大笑)
スーパーシンケングリーンのお目見え。うむ、次はダレだ?
ロボ戦は、やっぱり2人だと大変なのね。
戦闘終了後、2人揃ってへたり込みながらもカオを見合わせて笑ってる辺りが2人らしくてよかったな。
そしてラスト。
元に戻った後の、茉子の流ノ介への扱いがヒドイ!(笑) さり気なく寄るなと避けてる茉子に怒る流ノ介が笑えます。
そしていつの間に撮ったのか、仲良く殿猫ショットを眺める千明とことは。 仲イイね♪ でもやっぱPCには見えないなぁ。 早瀬が赤黄だからじゃなくても。
ぜひそれを見せろ、寄越せと要求するも無視され続ける流ノ介に涙。(笑)
更に、画像を消そうと追いかける殿、転んだトコまで撮られて、威厳形無し。(笑)
ところで、ショドウフォンって写真機能もちゃんとあったのね。知らんかったわ。
アレで初めの頃に流ノ介が日々殿のお姿を写メってたら笑えるな~、と思っていた早瀬であった。

Comment

 秘密にする

はじめまして
美夜さま、検索でたどり着きました。
はじめまして★ナナホといいますe-257

いいオトナなんで周りに見てる人がいないし、こんな素敵なところがあったんだと楽しく読ませてもらいました!(あたしもあの中では赤黄派ですe-51

あたしの場合は、昔からヒーロー戦隊のファンといかないまでもどんなものやってるかチェックはしていました。
シンケンジャーもちょっと見とくかぁって7話からみたんですど、一人殿であとは家臣という大胆設定に驚き、またクールな殿に一目ぼれe-272して見始めました!
見てると殿以外でもみんなかっこいいし、マコちゃんもことはもめっちゃかわいいんですよねぇ。
それぞれのキャラも笑いどころとピシッとキメなとことがしっかりしてるし、ストーリーも面白いと思います!

今回の27幕は千明ことはの年下コンビがほんまにかわいかったです!
とくに殿で遊ぶ千秋!!ことはを元気づけようとするやさしさもよかったけど、あのクールで真面目な殿に「ピンポーン」「いっくにゃー!e-251」ってかわいすぎです!!
他にも笑いどころがいっぱいあり、物語が進むにつれ出演者もスタッフもきっとチームワークがよくなっているんだろうなって思いました。

長々語ってすみませんv-356
また遊びに来ますe-343

ナナホ | URL | 2009/09/02/Wed 23:11[EDIT]
いらっしゃいませ♪
初めまして、ナナホ様v
よくいらしてくださいました。
戦隊&ライダーは、大人でも案外ファンはいるんですが、なかなか表立って「好きだー!」と言われる勇気ある方はいませんからねー。(笑)
子供の親が一緒に観ててハマる、という例は大変多いみたいですが。
ちなみに早瀬は、それこそ自分が子供の頃からずーっと観てた長年のファンなので、まったく構わず口に出してますが。
しかし、こんなハマり方をしたのはさすがに初めてです。(大笑)
実は正直ここ2、3年はあまり一生懸命観てたわけではないのですが、今期はもうがっつり観てます♪

>一人殿であとは家臣という大胆設定
そうなんですよね、ここ最近ではこんなに明確にリーダーとその他(笑)の位がはっきり分かれている作品はないんです。
そして結構そこが好きです。時代劇大好きなんで。(笑)
で、またその殿がカッコイイし! 家臣たちもイイ! 女の子組の仲がすごく良いのも嬉しいv
ストーリーもメリハリがあって、お約束と意外性が上手に競合しているいい作品だと思います。
赤黄にすっ転ばなくとも、おそらくトップクラスの大好きな作品になってたと思えますv
ふふふ、同意していただけるって嬉しいですね♪

27幕は、ホントはとてもシリアスな展開のはずなのに、千明の遊び心やことはちゃんの健気さのおかげでとても柔らかくなったと思います。
殿猫だけでも充分ユカイなのに、「ピンポーン♪」をををっっ!? 千明、大胆な! オマケに猫ヒゲ!
ことはを笑わせるためとはいえ、もう丈瑠が動けないのをいいコトにやりたい放題。
ある意味スゴイな、千明! (大笑)
でもああいう場面で一緒に深刻にならないのも千明の長所だと思います。
…でも、殿復活後、やっぱ怒られたのかな、千明。(笑)

シンケンメンバーは本当に仲が良さそうでいいですよね。
こちらこそお返事が随分長くなりました。
またぜひ遊びにおいでくださいませ♪
早瀬美夜 | URL | 2009/09/03/Thu 12:00[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。