『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち着こうよ、みんな。
地震から10日余りが過ぎましたが、なかなか余震も納まらず、原発の方も落ち着きませんね。
それでもようやく被災地には支援物資が届き始め、早いところはもう仮設住宅の建設が始まったと聞きます。
被災者の方々も少しだけ息をつくことができてたらいいなと思います。

各国からいろんな支援物資だったり義援金が送られ、そろそろボランティアの募集が掛けられるとか。
計画停電をされる地域の方々にはそれも不便で不安でしょうし、節電は常日頃から協力できるコトとしてみんなで努力。
そういった行動はとても素晴らしいと思うのだが、ちょっといただけないと思うのが、各地で起こってる買い溜め。
東京のネッ友さんもブログで仰っていたのですが、モノ不足が甚だ激しいらしいですね。
他所様の地域、特に関東だけかと思ったら、早瀬の住む名古屋までそうでした。
普通に少なくなってきたためにトイレットペーパーを買いに近所のチェーン店の薬局に行ったのですが、…え゛、ほとんどないじゃん。
いつもは棚の上までいっぱいのペーパーが、綺麗さっぱりナイ。
高価いヤツとたまたま入ったらしい18ロールのでかい袋がいくつかあっただけ。
その隣のティッシュ5個組もない。 ペットボトルの水、乾電池、缶詰も一切ない。
カップ麺は少しあったけど、お一人様2コ指定。
某イオンにも行ったけど、やっぱりカップ麺やペットボトル、缶詰などの棚は綺麗にからっぽ。
…スゴイな。

そりゃ、備えるのが悪いとは言わんけど、それにしたって極端じゃね?
そーいうモノを買ってそれを被災地に送るんだ、てんならまだしも、たぶんきっと違うよね。
余震が引っ切り無しに起こってる関東ならまだしも、ほとんど特になにも起こってない東海地方でそれやるってどうなの。
もちっと落ち着こうよ、みんな。
早瀬は幸い、その後ぐるっと店内をひと回りしてきたらちょうどいつも使ってるのが入荷されたので、荷出ししてるとこをひとつもらってきました。
これで2、3ヶ月くらいは大丈夫。
また無くなる頃には物流も回復してるでしょ。
やっぱ、過剰に反応するのって良くないと思うよ、うん。


話が変わりますが。
随分放置になってましたが、拍手とメールのお返事をしたいと思います。
遅くなってごめんなさい。
下へどうぞ。


3/6  ころちゃん様
安否情報、ありがとうございましたv
殿とことはちゃんのやりなおし初夜話、笑っていただけたようで嬉しいです♪
「綺麗なエロ話」、はう、恐縮です。(笑)
殿様エロいって、そりゃ我慢に我慢を重ねた丈瑠さんですから、勢いでイケイケですよ!
きっと千明辺りからその辺の情報も仕入れてそうだし(笑)、思うさまことはちゃんを愛でた結果というコトで。
うん、きっと丈瑠は外出なんかしないで体力が続く限り(大笑)朝から晩までことはちゃんを可愛がってたいと思うけど、それやるときっとことはちゃんにむっちゃ怒られると思います。(^-^)
観光に出たら、すごくご機嫌なことはちゃんと対比して丈瑠さんの機嫌が悪かったらそれこそ大笑いです♪
あ゛ー、18禁は…いずれまたナニか機会があったらっつーコトで。


3/13  若菜様
わざわざお見舞いをありがとうございます。
そして、若菜さんもご無事でよかったです。
それなのにお返事が遅くなって本当に申し訳ございません。
被災地の様子はテレビでしか確認できませんが、日に日にすごいことになっていった先週は本当に観るのに耐えないような光景で心が痛みました。
無事な地域に住む者は、お手伝いができることから少しでも協力したいと思います。
早くのんきに萌え話ができるだけの余裕がある日々が戻ってくるのを願います。

Comment

 秘密にする

早瀬様
久々です。おかわりありませんか?うちの地域も同様です。埼玉に次兄がいるんですが、電池の単2が無くて困ってると、後一人暮らしの為会社から帰ってきたら、『スーパーで買い物をする時間帯がないのでコンビニに寄っても何にもない…状態でカップ麺とか物資を送ってくれ』のSOSがきて、単2を探しましたが、近隣の店7店舗巡りましたが、全くありませんでしたΣ(ノд<)
結局、カップ麺やら袋麺にカセットコンロにボンベ、非常用の缶詰めのパンやら非常用御飯、ペットボトルの水に缶詰め各種にトイレットペーパーにティッシュペーパー等箱詰めにして 約3箱送りました。確かに備えあれば愁いなし
でも、なんか浅ましいというか、違ってないかい?と思ってしまいます。確かに安全な近畿在住なので、関東より以北に在住の方々からしたら、高みの見物にとられるかもですが。地震・津波・原発問題・計画停電・物資不足に新たに出てきた、農産物汚染に水道水汚染
不安材料だらけですよね。今朝も震度5の余震が10分おきにあったし、でも買い占めしたら、余計な混乱を増やすだけなんやなかろぅか?と思うんやけどなあ…
また、素敵なSSお待ちしてますね
ころちゃん | URL | 2011/03/23/Wed 22:56[EDIT]
>ころちゃん様v
こんにちは。
お兄様は大変だったですねえ。
無事、救援物資を受け取られたのでしょうか。
頼れる身内が関西方面でよかったですね。
ころちゃんさんも、お身内がその辺に近在されていると、心配もひとしおでしょう。
あー、そうか、1人暮らしだとそういう苦労があるんですね。
昼間スーパーに行けるおばちゃんたちほど、必要以上に買い占めて安心したいんでしょうが、それで必要なところに行き渡らないのはやっぱりいただけない。
タダで持ってきたわけじゃなし、早い者勝ちと言われればそうかもだけど、やっぱり浅ましい。
トイレットペーパーなんて、16個入りくらいなら一度買えばよほど家族が多くない限り2ヶ月くらいは持つんじゃない?
なんでそんなに買いだめしたいのかが判らない。
乾電池だってそんなにいるのか? つか、それくらい元々用意してないの?

当事者じゃないから言えるんだと言われれば返しようがないんですが、それでも手当たり次第の買い占めがいいとは決して言えない。
不安材料ばかりで心配だけど、もう少し落ち着いて対応したいものだと思います。
早瀬 美夜 | URL | 2011/03/24/Thu 16:42[EDIT]
早瀬様
ありがとうございます。次兄は自宅から徒歩圏に勤務先があるため、深夜まで勤務したり、勤務先で泊まり込みで仕事してるみたいです。だから送った荷物も返送されるギリギリでやっと届いたみたいです。まだまだ計画停電とかで人員不安があるみたいです。今朝も電話で話をしたら、ようやく物資もぼちぼちあるようになったけど、まだまだやと言うてました。 ACのCMやないけど、『みんなができる些細な心がけ』が、必要やと思います。まだまだ不安定な中復興するために、奮い起たれた被災者の皆様を見て、力強さ人間の強さを改めて感じます。微力ながら、阪神大震災で頂いた支援を恩返ししたい。
春の選抜野球大会での選宣誓手に涙しました。みんな一緒に頑張ろうな
と思います。というかうまく言葉にならない自分がもどかしいです。言いたいことを言葉にする難しさを痛感してます
ころちゃん | URL | 2011/03/26/Sat 12:06[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/03/26/Sat 17:08[EDIT]
Re: タイトルなし
>ころちゃん様v
お兄様に無事、物資が届いたようでよかったですね。
東海以西はほとんどたいした影響もないので、そういった細かい不便は直接その地方の方々に聞かないと判らないものがたくさんあると思います。
そういった意味で、お兄様のお話はお教えいただけてよかったと思ってます。

具体的に協力なんてなかなかできるものではないですが、なにはともあれ買い物先や旅行先などでたくさん募金してきました。
早瀬のできる協力なんてそんなもので、とても無力です。
東海地方も大きな地震が起きるとずっと言われている地域。他人事なんて思えません。
被災者の方々に掛ける言葉も、「がんばろう」なんて言葉、とてもではないですが簡単には言えません。
でも、どうか絶望しないでとだけは申し上げたいです。
顔を上げたら、きっと誰かが手を差し伸べてくれていると思いますから。

…ああ、どんなふうに書いても、なんだか綺麗ゴトを書いているようにしか思えません。
本当に、言葉って難しい…。
早瀬 美夜 | URL | 2011/04/01/Fri 22:23[EDIT]
Re: 漸く、安定?
>M NOM様
こちらこそ、少しご無沙汰してしまいました。
どうなんでしょう、事態は少しは収まってきているのでしょうかね?
そう思いながらも、今日も何度か余震の速報が入ってきていました。
東北の方々におかれては、なかなか落ち着く余裕もできないのではないでしょうか。
心中察して余りあるこの事態、本当に少しでも早く日常に近づける生活が取り戻せるのはいつなのかと、傍目から見ていても心が痛みます。

我々の住む東海地方も、随分前から大地震が起こると予想のされている地域。
他人事としていてはいけない場所なのですよね。
私も健康というには少々無理のある身体なので、こういった事態になった時にはどうなるだろうかと不安は尽きません。
薬がない・水がない・安眠できない・家族の安否など、総てにおいて我が心臓を圧迫するに足る事態が予想され、しかし大人しく寝ていられるような状況であるかなど判りようもなく。
こういった非常事態に直面して初めて、自分がどれほど人様に依存しなければならないかと思い知ることになる気がします。
お互い、なかなか難儀な身の上ですね。(苦笑)

テレビ局の報道の仕方は、初めの何日かはともかく、もう少しどーにかならんもんかとつくづく思います。
みーんな横並びで同じ放送なんてしてなくてもいいじゃん、と。
こんな事態でまでスクープ合戦しなくたってさ。
こんな時くらい報道の分担しなよ。
A局は地震情報、B局は原発情報、C局は被災者情報とか。
本当に、本来の『報道』の在り方を少し思い出してもらえんかと。

うん、勇者たちのドラマか映画化はものすごくありそうですね。
ヒーローたちも、子供たちに元気をわけてあげて欲しい。
そんなときだからこそ、無償の善意としての「ヒーロー」に意味がある、そんな気がします。
早瀬 美夜 | URL | 2011/04/01/Fri 22:42[EDIT]
Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。