『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25幕 感想。
25幕の感想です。
今回は茉子ちゃんと薄皮太夫がメイン。
今までにないくらいすんげーシリアスな内容なのに、そこかしこに見えるお笑いテイストは、やっぱ基本の「お子様番組」をちゃんと製作側が意識しているからでしょうかね。
ライダーみたいにシリアスすぎてダレに向けての作品なのか判らなくなっている状態よりずっといいかと。
…しかし、今回はことはちゃんの出番が極端に少なかったですな。
まあ、たまにはそーいう回もあるでしょうが。
ではでは、詳細の感想は、↓へ。
すみません、またまた長ーいです。
薄皮太夫が何故、外道になったのか?というのが今回の主軸ですが。
まず、1カット目からの殿のアップに、つい、おお、となる。(笑)
前回十臓さんに「歪」呼ばわりされて悩みながら剣を振るう殿と十臓を、侍それぞれが思う場面、それぞれのキャラの性格や考え方が出ていていいなぁ。
と思いきや、ま、茉子姉さん、いきなりエプロン…!
廊下でわたわたしてる黒子さんたちがユカイです。
そして、姉さん手作りのおにぎりと…焼き物、ナニ?(苦笑)
箸でつつくと崩れる消し炭(!)に、千明と流ノ介の動揺具合が笑える。
しかし、背後で担架持ち出してる黒子さんやら、彦馬さんまで胃薬出して「どうぞ、心おきなく」って!! ヒドいわ、みんなして。(大笑)
しかしてそれに「覚悟はできてる。」と妙に気合を入れて端座する殿、オトコマエ。
以前一晩中胃痛で苦しんだモノを再び口にする勇気が素晴らしい。(違)
結局茉子ちゃんに事態がバレたのだけど、慌てておにぎりを食べ始めるみんなの姿が良かったです。
流ノ介、千明とお互いの口に突っ込みあいだけでなく、殿の口におにぎり突っ込みよった! Σ(゚□゚)
遅れてきたことはちゃんのぽかんとしたカオが可愛かったです。(^-^)
そして茉子ちゃんはお料理を一から勉強しなおすコトに。
そういう潔い姿勢は茉子姉さんのいいところだと思いますが…、源ちゃんに習うってのが一番早くないか?といらないツッコミをしてみる。基本くらい教えてもらえよ、うん。
さて、で、外道衆登場ですが。
ユメバクラ登場後、ソッコーで眠らされてる源ちゃんに爆笑。
流ノ介の「迂闊過ぎる!」というお言葉、みんなうなずいたと思う。
ナニしに出てきたんだオマエ、とつっこむも、夢への出入り口にするためと判明。
しかし、ミシ○ラン寿司!(爆笑)
おいら、某「チューボ○ですよ」の星三つ!を思い出しちゃったよ、あの屋台。(^-^)
しかし実際の所、源太のお寿司ってどんくらい美味しいんでしょうね?
流ノ介は「フツウ寿司だ!」っつってたけど、お坊ちゃまだから舌が肥えてそうだし。
22幕の義久坊ちゃんが常連になるお寿司屋だよ?
今回の青・緑組は、戦っててもナニしてても一貫してコミカル担当。それだけ薄皮太夫の方がシリアスに過ぎるからでしょうが、それにしても流ノ介の扱いのユカイさが涙を誘います。(でも笑える。^^)

ドウコク、うむ、さすが外道のトップ、やるコトも外道。
十臓さんを斬ってこなかった太夫をいじめるドウコク、太夫の三味線に火をつけるわ、ユメバクラに昔のことを思い出させる辺りのやり口が汚くてイイ。(おい)
しかし、薄皮太夫役の朴璐美さん、さすがの熱演でしたねー。
声優さんですが元々舞台経験も数多い女優さんですから、きっとそのうち、なにかしらで太夫が人間に化けて(?)ご本人登場、なシーンも期待していたのだけど、こういう形での顔出し出演とは。
太夫というくらいだから元花魁だとは思っていたけど、実にお美しい! そして…恐い。
女の情念の恐ろしさが思いっきり前面に出て、はっきり言って怖かった。そして、哀しかった。
お子様番組だというのに、いや、だからこそ意味がよく判らないお子様が見ても恐いと「感じられる」ほどの素晴らしい熱演、感服仕ります。
太夫の過去を見せられた茉子、さすがの彼女も動揺。仕方ないが、やはり若い。そして甘い。
そのためらいが、ことはちゃんに傷を負わせることに。
きっと茉子姉さんは自己嫌悪に陥ることになるんだろうな。
ロボット戦も、今回はなかなかどハデでしたね…だけど、アレ、2人でも動かせるんだ?
総ての折神の力が入ってるインロウマルがあるから?
「この状況で行かない訳にいくか!」、「まだモヂカラが足りない!もっとだ!限界なんか超えろ!」という殿様がカッコよかったです。
そして、それに呼応して、「さすが殿様だな。どうなっても知らねぇぞ!」、「結構キツいこと簡単に言うな、殿様!」と源太。彼の「殿様」呼びは、いってみれば茶化して楽しんでるフシがあるので、まだまだ余裕?
そーか、1人だけソッコー寝てたからな!(笑)
それでも戦い後、2人してへろへろになってるところに十臓さん登場!
うお、この後どーなる!?というところで次回に引き!
それぞれがそれぞれの場所で緊迫した状態での引きに、次回が楽しみです。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。