『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24幕感想。
検索サイトさんに登録したら、いきなりカウントの回りがスゴいコトに。
びっくりです。
拍手も嬉しいでーすvv ありがとうございますーvv

ちょいと間が開いてしまいましたので、25話と2話まとめて感想と思ったのだけど、えらく長くなってしまったので分けますね。
すみません、拍手のお返事は後日、25幕の感想は明日にでも。
23幕のラストがぶっちぎれてしまった(泣)のは以前お話しましたが、その後の数分の内容を教えていただけたので脳内補完。(^-^)
そして、さて、続きだ。
というワケで、感想は↓へ。
おおぅ、殿! いきなり川にぶちこまれた挙句、川の水飲めっつってアタマを押さえつけられる!
うわー、いくら毒を抜くためっつっても十臓さん豪快じゃ済ませられんよ!
どっかの雑誌で桃李くんが「初めて川に放り投げられた」って笑ってた記事があったのだけど、このコトかと納得…いやいや、笑ってちゃイカン!
満身創痍の侍達ですが、そこでことはちゃん、ナイスプレイ。
怪我人とはいえ、男女同じ部屋~?と思ってたら、いきなり衝立を倒してそれがまた流ノ介の上に!(大笑)
そうか、ソレがやりたかったのね、スタッフ!(違)
結構こういう場面でそれぞれの性格がでますね。
とっとと治して再び!と奮い立つ千明と、殿を守れず自らもボロボロなのに落ち込む流ノ介。
しゅんとしていることはちゃんと茉子姉さんはどう思っていたのでしょうか。
そして源ちゃん…キミすごいね!
源ちゃんのモヂカラ能力があってこそとは言っても、みんな寝てる中で1人だけずっとインロウマルの改良(?)。たいしたもんだ! 言葉にはしなくとも、ジイも感心しているよ、きっと。
もう誰も侍じゃないなんて言わないね。
しかし、素朴な疑問だが、ディスクって人様のモノでも別段なんのモンダイもなく扱えるのだろうか?
それとも源ちゃんだから?
殿と十臓さんの会話は、なかなか狂気じみていて個人的には面白かったです。
いやその、こーいうハードなのも好きなもので。
己の死を目の前にして壊れる理性。十臓さんは元々不幸なヒトだったのだろうか。
どこまでも不幸な己を呪ったのか、幸せだったからこそ絶望したのか。
そして、なぜ人を『斬らなければならなかった』のか。
『なぜ』が判ったからとてなにが変わるとも思えないが、その辺に彼の心の内があると思われる。
狂気じみていても、私には彼が根っからの悪いヤツとは思えない。
果たして彼がその辺りのことを正直に話しているかは判らないが、いずれ本編に出てきてくれると思っている。
そして、殿。
歪んでいると言われちゃいましたな。んー、実は判らんでもない。
人はどれだけ死んでも構わないとか口で言っていても、いざその時になったら大抵は足掻くという。
しかし殿は、迷いもなくかどうかは判らないけど、捨てても構わないと思えてしまった。
『殿』と呼ばれ、誰よりも死んではならない立場のはずなのに。
それは、本当に昔から言われているような『侍』としての潔さなのだけども。
その辺の、言ってみれば「潔すぎる」ところが歪んでいると云われる所以ではないかと。
むむ、悩む殿の苦悩する姿もまた…(自粛)。
外道衆出現で戦う4人を助けに入る殿。
…やっぱ源ちゃんも「控えい!」ってやりたかったんだねー、とか?(大笑)
しかしアレですかね、やっぱ侍たるもの、戦場には正装で!って決まってんのかしら、志葉家としては。
殿、ドコで着替えてんの?(^-^)
あの陣羽織がパワーアップアイテムなんでしょうか。なかなか画期的なんですが。
そしてアレは殿だけのモノ?と思ってたら、26幕の予告でブルーが羽織ってました。(笑)
良かったな、流ノ介! 殿の次だぞ!(^-^)
…てコトは、そのうち全員で陣羽織シンケンジャーが…。
全体的なストーリーとしては、なかなか重要な回だったと思います。

Comment

 秘密にする

こんばんはー☆
24幕もすごかったですよねー!!
やっぱ私もあの洞窟のシーンが好きです♪
見ごたえありましたよねー☆
十臓さん、怖いよぉー、怖いこと言いながら笑ったよこの人。。とか思いながら見てました(笑)
飢えとか快楽とか、コレってホントに朝7時半のテレビ!?子ども番組!?って思っちゃいました^m^

源ちゃんはすごいですねー♪
彼の才能には驚かされます!!

殿の歪も気になりますねー(わくわく)
何か隠されているのかな~とか、何かの布石かなーとか、わくわくしてしまいます☆
いつき | URL | 2009/08/19/Wed 23:27[EDIT]
>いつきさんv
十臓さん、狂気じみた笑顔がなんともはや、絶妙なコワさですよねぇ…。
子供番組だからこそ、雰囲気だけでも判る狂気、すごいとおもいますよ。

源ちゃんは、やっぱ天才なんですね?
今までのモヂカラ職人にできなかったコトをやってんだもんね。
ここんとこ源ちゃんの男振りがどんどん上がってますが、そこであっさりギャグに落としてしまえるのも彼の魅力ですね♪
ダレも彼も魅力的で、ホントに久々に面白い作品です。
なかなかの緊迫感溢れる展開が続くシンケン、ますます面白くなってきましたよ~♪
早瀬美夜 | URL | 2009/08/20/Thu 15:14[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。