『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「優先順位」
『約束after』、まだ続きます。(笑)
どうしよっか、そろそろいい加減、ことはをヨメにやるか?
丈瑠、そろそろガマンいっぱい?(大笑)
…でも、ヨメにやると、…えろ? を書くのかー?
一部で切望してらっしゃる方もいるしー。 (^-^)
むむむー?
思案中。

今回はことはちゃん出てきません。
代わりに千明登場。
では、下へどうぞv

優先順位  ~約束after


 聴き慣れたばたばたという足音が聞こえて、彦馬は目を通していた書類から顔を上げた。
 侍の端くれのくせにそういう所はちっとも直らないのは困ったものだと思いながら、彦馬は近付いてくる足音を出迎えるべく立ち上がった。
「じーさん! 丈瑠いる!? 」
 相変わらず乱暴な口利きの青年は、少しご機嫌斜めのようだ。
 姿が見えた途端に声を上げた千明に、彦馬は言った。
「少し落ち着け、千明。 殿はつい先程戻られて、お部屋でお召し替えをしておられる。
一体どうした? なにをそんなに怒っておる。 」
 部屋と言われてそちらに歩き出した千明の後を追いながら彦馬が訊く。
 足を止めもしないで、千明は不機嫌に言った。
「どーしたもこーしたも、なんで今日の立ち会いの約束、延期なんだよ?
オレ、今日を逃したらしばらく来れねえって言ってあったのに、いきなりさっきメールが来てさ。
これから出掛けるから今日はパスって、そんだけだぜ!?
理由言えっつーの、理由を! 」
 …それでわざわざ来たのか。
 訊くだけなら電話で済むだろうに、コトによっては今1本でも立ち合いをしてから帰るつもりなのが透けて見えて、千明の諦めの悪さに彦馬はこっそり嘆息する。
「殿は今日の取引先との会議が中止になったので、ついさっきお戻りになったのだ。
…だが、はて、今日はもう何も予定は入っていないから、丸1日空いたはずなのだがな。 」
「なにー!? んじゃ、尚更納得行かねェ! 」
 立ち合いをする気マンマンになってきた千明は、勢い込んで丈瑠の部屋へ行き着いた。
 一応部屋の前でひとこと掛ける。
「丈瑠―! オレだ、入るぞ! 」
 返事も待たず、すぱーんと障子戸を開けると、ちょうど普段着に着替えを済ませたらしい丈瑠が服を調えていた。
 丈瑠の背後で脱いだ後のスーツを持った黒子がささっと退出していく。
「…なんだ千明。 今日の立ち合いは中止と言ったはずだが。 」
「ソレだよ、なんで中止なんだよ。 理由を言え、理由を! 」
 憤然と言う千明の後ろで、彦馬が丈瑠に軽く頭を下げる。
「申し訳ありません、殿。 千明が殿と本日、約束があったと言うもので。
ところで殿、これからどこかにお出ましですかな? 爺は聞いておりませんが。 」
「ああ、いきなり時間に余裕ができたからな。 ちょっと行ってくる。 」
 言いながら財布やら携帯電話やらをポケットにしまう丈瑠は、もう出掛ける準備万端だ。
 上着を引っ掛けて部屋を出て行こうとする丈瑠の腕を、千明が慌ててつかまえた。
「だぁーから! ドコ行くんだよ!? オレとの約束キャンセルしてまで、ドコにナニしに行くんだっての! 」
 言わなきゃ離さないという勢いに、面倒そうに振り返った丈瑠が言った。
「京都だ。 」
「……へ? あ、ことはんち? 」
「他にどこがある。 」
 時間が気になるのだろうか、腕時計を見ながら言う丈瑠。
「さすがにある程度時間が取れないと、京都までの往復は難しいだろう。
だが、往復時間はともかく、向こうにいる時間があんまり短いのはイヤだ。
今出れば昼過ぎには向こうに着く。 」
 京都まで、片道2時間半。 滞在時間を考えたら確かにある程度の時間の余裕は必要だが。
「…仕事キャンセルが入って、即座に京都行こうと思うかね、普通…。 」
 半ば呆れながらつぶやく千明に、丈瑠はしれっと言った。
「時間が空いたら婚約者に逢いたいと思うのは普通だと思うが? 」
「…あぁ、そーかい。 」
 溜息混じりにつぶやく千明。
 なんだかバカバカしくなってきた。
 納得したと思ったか、つかまれた腕を取り返して丈瑠は廊下を歩き出した。
「爺、最終で帰る。 」
「は。 お気をつけて。 」
 玄関に向かう丈瑠の背中を、数人の黒子が見送りのため追いかける。
 頭を下げる彦馬の隣で、千明が呆れ顔でつぶやいた。
「ことはに逢うためなら、オレとの約束は平気でキャンセルするワケね。 」
「今や殿の優先順位は、仕事を除けばことはが1番だ、諦めろ。 」
 苦笑する彦馬に、千明は更に苦いカオ。
「…他人にも自分にも厳しい志葉の殿はドコ行ったんだよ。
ったく、すっかりことはに骨抜きにされやがって…。 」
 だが、少しは人間味が出てきたと思えば、まだ許せるだろうか。
 はあぁぁーっ、と深―い溜息をついた千明は、彦馬に向き直った。
「…じーさん、手ェ空いてからでいいからさ、ちょっと太刀筋、見てくんね? 」
「殿の詫びだ、代わりにつきあってやるとするか。 」
 カオを見合わせて笑った千明と彦馬は、家主の居なくなった部屋の障子戸を閉めると、2人揃って廊下を歩き出した。





                                            了
                                                   

『約束after』、まだまだ続きます。
今回は、志葉家での光景。
丈瑠がどーやって京都に来る時間を確保しているか、という一例。 (笑)
ことはに逢うためなら、千明との約束なんぞ二の次です、殿。
まぁ、微笑ましいと思ってやってください。 うん。

Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/04/21/Wed 15:48[EDIT]
Re: 優先順位 ~約束after』の感想です
>ノリ吉さんv
こんにちは。
えろ、そんなに読みたいの? …って、前にも訊いたよねぇ。(大笑)
そうですか、もう少しガマンの子の方がイイですか。
辛抱たまらん殿ですが、まあ、すぐ手の届くところにいないだけまだマシか?
ああ、かわいそうな殿。(大笑)
ところで、あんまり我慢してたら便秘になりますよ。
そしたらことはちゃんに、「ノリ吉さん、便秘です!」て言われちゃうよ?(^-^)

今回はことはちゃん抜きですが、楽しんでいただけてよかったですv
もー、千明、諦めが早いというより物分りがイイというカンジですかね。
相手が例えば流ノ介だったら文句言うけど、ことはちゃんならナニ言ってもしゃーない、と諦めがついた。(笑)
ストイックだった殿は、…あ゛ー、たぶんお仕事してる時はそれなりに発揮されてるんでは?
でも、オフになった途端、もーダメ。
おそらく仰る通り「この会議がなかったら行けたんだが…仕方ない」と諦めていたところに中止で渡りに船。
ソッコーで京都行き決定でしょう!
「あ、千明との立ち合い…まあ、ヤツは都内だ、いつでもどうとでもなる。今回はパスだ。」
くらいで躊躇い無くお断りメールを入れたものと思われます。(^-^)
スゴい行動力だ、丈瑠!
フットワークの良さは相変わらずだな!

ノリ吉さんのS要請により、どうやらまだ『約束after』シリーズは続きそうです♪
早瀬美夜 | URL | 2010/04/26/Mon 22:47[EDIT]
「そうだ。京都にいこう」
JRのCMを思い出してしまうお話でした。
サウンドオブミュージックの「My Favorite Things」が流れるあのCM。

そして、おかえりはシンデレラ・エキスプレスですね、殿。駅のホームで泣くことは(いや。心配性の殿は、あぶないとかいって、家でわかれてくるかな?)

いっそ使えるならば折神をとばしたかろう殿が、新幹線でワクワクしていたりする姿を想像すると、なんか、かわいい気がします。

約束after。私もリクエストしたいな、とおもいます。
ちびこざる | URL | 2010/05/10/Mon 18:25[EDIT]
Re: 「そうだ。京都にいこう」
>ちびこざる様v
イイですね~、JRのCMミュージック♪
あのCMシリーズはどれを取っても素敵ですv
映画「サウンド・オブ・ミュージック」も大好きなので、余計にv

そうですね、丈瑠はシンデレラ・エキスプレスでお帰りですv
仰る通り、そんな深夜にことはを見送りに連れて来るとは思えないので、丈瑠が自宅までことはを送って京都駅までタクシーを飛ばすのではなかろうか。
案外、拙宅の場合は送り迎えを従兄の笙一くんがやってくれそうですが。(大笑)
でもそしたら、行きは邪魔物扱いかもだけど、丈瑠が安心だからことはも駅までお見送りに行けますねv
…やっぱ泣くのかなぁ、ことはちゃん。

折神も使いたかろうが、たぶん余程の緊急時でもない限り、戦い以外で使うのは彦馬さんが怒りそう。
新幹線で、行きはわくわく、帰りは後ろ髪を引かれて帰る丈瑠さん。
いろいろ考えてると楽しいですね♪

約束afterネタ、リクエスト楽しみにしてます♪
早瀬 美夜 | URL | 2010/05/12/Wed 23:11[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/05/13/Thu 18:03[EDIT]
Re: リクエスト
>ちびこざる様v

>約束afterネタ、リクエスト

おっけーおっけー、全然モンダイ無しですよvv
むしろ、面白いネタの投下をありがとうございます♪
そうですねー、たまにはことはちゃんががんばったってイイですよねー。
たまには(大笑)、丈瑠をイイ目に逢わせたっていいやんね、というコトで。
ご期待に沿える内容になるかは判りませんが、1度コレ、考えてみたいと思います。
少しお待たせするかもですが、気長に待っててくださいねv
早瀬 美夜 | URL | 2010/05/15/Sat 01:26[EDIT]
Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。