『侍戦隊シンケンジャー』 の殿×ことはにすっ転んだ早瀬美夜がお送りする、ちょっとじれったい系ほのぼのSSブログです。お気に召しましたら幸いです♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行記。
山のような洗濯物を片付けたり、土産物を配ったり、旅行前に減らした食材の買い物に行ったり、などとしているうちに、あっという間に火曜日です。
春休みで子供はいるし、なかなか落ち着かんのぉ。( ̄▽ ̄;)

というわけで、旅行記です。
行き先は、先日も書いた通り滋賀・京都。
全体的に早瀬の得意分野な場所と時代に縁な場所ばかりでした。
しかし、相変わらず行った場所は少なかったり。(笑)
移動は全て車で。子供連れは荷物が多いしね。

1日目。彦根城(外観のみ)→安土城址及び信長の館
2日目。石山寺→三井寺
3日目。平等院及びその周辺の寺・河原

なんと、大雑把に分けて5箇所。(大笑)
さすが早瀬宅。1箇所に居つく居つく。(いつものコト。^^)
今回は早瀬の体調にはそれほど問題がなかったのですが、そのかわり息子が風邪引き!(困)
母は行く前までにちゃんと治したのにさ!
ものすごく酷かったわけではないのですが、やっぱ調子悪いのって楽しさ半減だしねー。

では、詳細は下へ。興味のある方だけどうぞ。
なにはともあれ、1日目、雨。_| ̄|○
珍しいな、旅行で雨降られたことなんて今までほとんどなかったんだが。
こーいう天気に高速道路はコワイ。
初めに寄った彦根城は、元々外から見るだけのつもりだったけど…とにかく寒っ!桜もまったく咲いてない。
ホントは晴れてたら、城のすぐ外の通りに作られている『城下町の土産物屋街』を見て回りたかったのだけど、あかん、そのまま移動だ!
そのついでに、すぐ近くにあったショッピングセンターへトイレを借りに寄る。
そしたら、そこにたまたまあったガチャガチャをやった娘がカプセルを誤って割り、その端っこで掌をすっぱり切る。…マヌケやのぉ。(苦笑)
普通サイズの絆創膏と赤チンは持ってたのだけど、どう見てもそれではカバーできそうにない傷口の幅のため、しょうがないので大判の絆創膏をその店で買う。ショッピングセンターでよかったな、娘。
さて、ようやく次の場所へ。
織田信長の本拠地・安土城は今は址のみ、すぐ傍に安土城の天守閣のてっぺんを再現した施設があるというのでそちらへまわる。それが「信長の館」。
朱塗りの八角形の層の上にきんきら金の堂。「すっげえ…!」のひとことしかありません。こんなんがホントに実在したかと思うと、考えるだけで笑える。 派手すぎ。(笑)
「うおぉ…」とか呆れてつぶやいてる息子に、懇切丁寧にいろいろと解説。なかなか面白かった様子。
その後、息子があまり調子が良くなさそうだったのと雨風で寒いので、そのままホテルへ。
琵琶湖湖畔の結構でっかいホテルでした。すぐ裏が湖。
名前はまんま、「琵琶湖ホ○ル」。(^-^)
琵琶湖ほてる。
今回は大津駅のすぐ傍というコトで、初めて晩御飯プランはつけず、どっか外へ食べに行くことに。それなりになんかあるやろ。
で、あちこち近所をさまよった挙句、結局隣のアミューズメント系施設の中のレストラン街の洋食屋。(苦笑)
鉄板の上にオムライスとチキンステーキがのったヤツを食べたのだけど…ちょっと油っこくてキツかった。味は悪くなかったんだけども。
で、入浴後、寝る。……が、息子が夜中に咳込んで起してくれる。(-.-;)
咳止め飲ませて再び寝かせるも、もちろんすぐには止まらず…ヤバイ、そのうち目が冴えてくる。_| ̄|○
どーすんだよ、母の寝不足は体調不良に直結するんだぞ、知ってんだろ、おい、阿呆息子。
それからどんだけ寝たやら、うとうとしてたらもう朝。…食欲、無ぇ。(汗)
バイキングだったのでなんとか和食系でまとめてできるだけがんばって食べる。
いつもならそのまま出掛けるのだが、最近カメラ撮影が好きな娘が湖近辺を撮りたいというので旦那が付き合い、その間だけでもとベッドに転がる…と、あら不思議、寝られちゃったよ。(ダメじゃん)
30分ほどだと思うがそれだけでもだいぶ楽になったので、ようやく出掛ける。
今日は石山寺へ。
紫式部が源氏物語を執筆したという謂れのお寺です。
さあ早瀬、得意というか大好きな分野だ!
子供たち、なんでも訊いて来いよー、なんぼでも喋ってやるぜー?(^-^)
寺に入った時点で息子に新品のデジカメを奪われる。写真取りまくってる妹に触発されたのか、ただ単に自分もやりたかっただけなのか。(笑)
思っていたより随分広ーい敷地を歩いていると、お寺の清浄な空気でか、だいぶ気分もよくなってくる。
が、途中でまた雨が。狐の嫁入りー?と思っていたら、うお!あられだ!ぎゃー!
すぐ止んだけど…やっぱり今日も寒い。
折りしも源氏物語関係の特別展示をやっていたので、当然入る。
少し興味を持ったらしい息子に、訊かれるまま再び解説。それなりに面白かった様子。
母がのんびりゆっくり趣味に浸ったせいで(笑)、4時間近く居付いちゃってたのね。ありゃー。
ホントはこの後、ちょっと走って伏見稲荷まで行くつもりだったのだが、時間的に厳しい。
しゃーないので、ホントは昨日行くつもりで辞めた三井寺へ。
ここならホテルまで10分掛からない距離なので、閉観までいても遅くならないし。(笑)
おおー、ここも広いな! こんだけ歩いて明日筋肉痛になってたらどーしよう。(苦笑)
たまたま33年に1度しかご開帳しないというご本尊が見られるというので、これは拝観せねば!と行くも…ご本尊、ドコにあるんだー!? でぇーっ、遠い上に小山の上だとー!
結構閉館時間も近く、石段とごろ石の多い整備イマイチの上り坂を一生懸命歩く早瀬、心臓煽りまくりで死にそう。(笑えない)
絶対、心臓疾患のあるヒトがこんなトコ登ってちゃイカンと思う。うん。
「このまま力尽きたらここの坊主に丁重に葬ってもらえるやろ。」などとブラックなコトを言いながらも、なんとか到着、無事、如意輪観音坐像を拝観。…遠かった。
喉が痛い息子の為に「ご利益ありますよー」などと言われて“三井の霊泉”なる水を模したという葛のど飴を買う。頼む、今晩の早瀬の為にマジで効いて。(願)
2日目の晩御飯は、油っ気の強いモノは食べられそうにないと言う息子に合わせて和食系のファミレス。
で、この日の夜は、夜中にやっぱり1度は起されたが、その後は落ち着き、なんとか眠れた。やれやれ。
さて、3日目は平等院へ行きました。
少し離れたコインパーキングに車を止め、周辺の小さな神社・寺に寄ったり公園になってる宇治川の河原を歩く。
この川から薫君と匂宮に惚れられて困った浮船が入水したんだよー、などと言いながら、たこ焼きを喰らう早瀬と子供たち。風情もなんも無え。(笑)
娘がコケてカメラ(APSフィルム仕様)をぶつけ、壊して泣くとか多少のトラブル有り。
しかし、…なんでこんなにおまわりさんがいるの?
道すがら、道路にやたら警察官がいる。ふと気付いた看板には、平等院内に時間制限で拝観できない施設があるとか。ん~???
理由は入ってから判った。
午前中に、天皇・皇后両陛下のご行幸!!
うおお~! もちっと早かったら両陛下を垣間見られた!? いやいや、でもそしたら鳳凰堂や鳳翔堂の中に入れんかったかも、でもこんな機会は滅多にないぞ~!
しかし我々が入ったときにはもう次の場所へ移動された後だった模様。妙に興奮しながら拝観。
私が小学生の修学旅行の時には外からしか見せてもらえなかった鳳凰堂の中に入らせてもらえた!
入場料余分に払ってでも、入場時間が1時間後の券しかなくとも、コレはやっぱ見るべきでしょう!
新たに買ってもらった「写る○です」で嬉しそうに鳳凰堂を撮っていた娘は、10円玉裏の中央の建物に入れたのを、なんか感慨深そうにしておりました。
その後、お土産物を漁っていると、お土産物部屋の横のあまり広いとは言えない場所で突然雅楽が始まる! なんじゃ、突然!?
どうも平等院の宗派の信者(?)の集会のようなものがあったらしく、その方々の為にそのような催しがあったみたい。
15人くらいの、大学生くらいかなー?が、ちゃんと正式な衣装で笙やら笛やら鼓やらを演奏、その後、舞いまで披露! うお、ええもん見た。(笑)
最後まで見たかったが、それ見てると時間が、というわけで途中で動く。
が、既に時遅し。
今日こそ伏見稲荷に行こうと思っていたのに、結局あちこちふらふら見てた挙句に車まで戻る道すがらの土産物屋に引っかかったりでタイムアウト。
そのまま岐路につきました。
晩御飯は高速を降りてから、麺類や丼モノ系の和風レストランで、今回の晩御飯はホントに安くつきました。(大笑)
しかし、今回はイレギュラーなコトや「特別拝観」などが、狙ったわけでもないのにいくつもあったなー。
楽しいからいいんだけど♪

今回は趣味で集めているしおりを10本以上買ったぞー。
そして息子はデジカメを使って80枚近く撮り、フル充電してあったはずなのに電池切れで撮影不能の為、撮影強制終了と相成る。(大笑)
でも、ま、両親の趣味丸出しの寺社仏閣巡りも今回は写真撮りまくってたせいで2人とも楽しかったらしいし、良かったかな。
伏見稲荷は行き損ねましたが、「ここで迷子になると狐に連れてかれて神隠しに遭うぞー」と言っていたせいかやたら行きたがっていた息子のためにも(笑)、また近いうちに行きたいと思ってます。

Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/04/01/Thu 15:58[EDIT]
Re: お帰りなさぁ~い\(^o^)/
>ノリ吉様v
折り返しのお返事をありがとうv
おお、娘さんのご卒園おめでとうございますv
…というコトは、おお、4月から1年生ですね♪
楽しく学校に行けるといいですねっ♪

おお、ホテル、ご存知でしたか、てか、お泊まりになったコトが!
まあ、たまにはホテルにお泊まりしてゆっくりするのもよいのでは?
いいじゃん、近くたって。(大笑)

早瀬の歴史好きは…どこからなんだろう。
そもそも時代劇をよく観ている子でしたが、大河とか観出したのはたぶん中学生辺りだし。
マンガや小説もいっぱい読んでますし、その関係から授業としての歴史もずっと得意だったし。
むむ?
平安時代は、早瀬が得意なのは「平氏」の頃ではなくその前「藤原」辺りなんですよ。
いや、源平の辺りも好きですが。
義仲寺はホテルの近くにありますね。
時間の余裕があったら行こうと思っていたのですが、行けませんでした。残念。
関蝉丸神社と共に、もう1度(来年?)行って観に行こうと言っております。

姫路城は高校の修学旅行で1度だけ行きました。
白鷺城の名に恥じない美しいお城ですよねv
天守閣の天辺まで登って、正に「ここに千姫様も登ったんかな~」などと言っていたのを思い出します。
天守に「刑部(おさかべ)神社」という神社が祀られているのはご存知でしょうか?
実はうちの祖父が婿入りしてなかったら、私の旧姓、「刑部」だったんですよ。…ごっつい名字。(笑)
そんな縁もあって、少しだけ身近なお城ですv

京都、ホントに歴史好きにはたまらない土地ですよねぇ。
名所旧跡・寺社仏閣だけでなく、かれこれ数百年前にはこの辺をあの人が歩いてたかも、なんて思うと、本当にぞくぞくしますv
紫式部のお墓…つーと、堀川通りの島津製○所の近辺の…小野篁のお墓とセット(笑)の?
へぇ、あの辺にお住まいなんですか!
早瀬、あの辺うろついたコトありますよ!
もしかしてどっかでノリ吉さんとすれ違ったなんてコトもあったかもですねv

奈良もあちこちうろうろしてます。
1番よく行ってるのが、石舞台のある明日香のあたり。
目的は…わらびもちと葛きり食べに。(大笑)
岡寺(龍蓋寺)という寺が石舞台の近くにあるのですが、そこのすぐ下のお茶屋さんのわらびもちと葛きり、にゅうめんがむっちゃおいしいんです!
坂ノ下茶屋というお茶屋さんで、ファンもすごく多い知る人ぞ知る有名店ですよv
で、はるばる名古屋から車で4時間掛けて、わらびもちを主目的に(笑)ゴールデン・ウィークか夏休みに行くんですー♪
…阿呆と言ってやってください。(^-^)

うおお、こんな話をし出すとこちらも止まりませ~ん!
また振ってやってくださいv
早瀬美夜 | URL | 2010/04/01/Thu 20:22[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/04/02/Fri 16:29[EDIT]
Re: 楽しいぃ~♪
>ノリ吉様v
ごめんなさい~、お返事が遅くなりました。

平安時代の藤原全盛の頃は、華やかだけどその裏で策謀バリバリ・藤原にあらずば貴族にあらず~ってカンジの時代でもありますぜ♪
安倍清明もこの時代ですし、怨霊関係でも楽しい頃ですね♪
表向き平和な時代だけに、裏に流れているモノがコワい時代でもあります。
私などは、平家の辺りの方が戦乱という形で表に出ている分、まだ健康的(?)だと思うのですが。
…おい、華やかな時代が好きなんじゃないのか。(大笑)

>子供達にとって『蝉丸』はヒーローらしい…(笑)
おおおぅ、意外な人物がヒーローになってる!!(大笑)
早瀬は、自慢じゃないですが百人一首はちょっと自信があるのですよ♪
小1の時からやってますので(坊主めくりにあらず)、100枚全部覚えてますよv
小学校の時は市で3位、中学はずっと学年3位以内、高3の時はクラスで相手になってくれるヒトはだーれもいませんでしたし。
…って、コレで実は父方の親戚では弱い方なんですが…。(苦笑)

>織田信長を祭神にした『建勲神社』
そこは、あるのは知ってますがまだ行ってませんねぇ。
信長が祭神って、モノスゴく強力そうだけど願い事は聞いてくれるのか?て気がしませんか。
だってあの信長だし。(笑)

そうそう、清明神社は建て替えたらすっかり行く気が失せました。
前の薄暗~い、正になんか出そうな雰囲気が良かったのになぁ。
ちょっと前の清明ブーム(?)でそんなに儲かったのか?
野村萬斎の映画関係はまだしも、アニメ「少年陰陽師」関係のポスターやら声優さんのサインやらいかにもそちらの女の子たちが喜びそうなモノがいろいろあって、ある意味とてもハズかしかったです。…全部判るだけに。(苦笑)

ミステリースポットなんて、京はあちこちにあるでしょう。
住んでる方には失礼ですが、千年魔都なんて言い方もしますし。
数々の戦乱もあり、幕末の動乱期にはそこらじゅうで争いもあり、なんて場所ですからね~。
だからこそ、京に惹かれる…のですが。

奈良も、何度も行ってます。
石舞台は、周りが広ーいですし芝生の公園になってますから子供連れで遊びに行くだけでも充分良いトコですよ~v
で、そこの駐車場に車を停めて、近くをついでに散策します♪
イロイロそそられるお店が結構ありますよv
そして更に、ちょっと歩きますが岡寺まで歩いて、にゅうめん・葛きり・わらびもちを食べて帰るのさ♪ (≧∇≦)/
夏休みに行くなら、手作りの黒蜜or白蜜が絶品のカキ氷! おかわりしたくなるカキ氷ですよv
坂道がちょっと大変だけど(主に早瀬が)、それだけの価値はある!
でも、旦那さんの「食べてみたいが並びたくない、並ぶくらいなら食べなくてもいい」ってのはすごく良く判る。(大笑)
だってウチも、行列ができるおいしい○○屋とかって絶対回避するもん。(* ̄∇ ̄*)
そこまでしてまで食べんでもイイ、とか思うよね、つい。

はう~、ごめんなさい、えらく長くなったー!
早瀬美夜 | URL | 2010/04/06/Tue 14:16[EDIT]
Copyright © さくら堂・別館  太陽の赤 たんぽぽの黄色. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。